<お役立ち情報>プライオリティ・パスの会員に無料でなれる楽天カード

たった一枚のクレジットカードを持っているだけで、貴方の生活が格段にお得で便利になること間違いありません。
後払いで不安になってしまう方もいるかもしれませんが、総合的に判断をすると断然お得になるのです。 プライオリティ・パスの会員に無料でなれる楽天カードは大変お得なクレジットカードなのです。
そのため世界500箇所以上の空港ラウンジをいつでも無料で利用することが出来るようになります。

 

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスは399ドルを無料に出来るために、年会費を支払う価値が十分にあります。
当たり前のことですが、国内主要空港のラウンジも無料で利用することが出来るので出張の多い社会人には最適なクレジットカードと言えるでしょう。楽天プレミアムカードというのはゴールドカードであり、年会費が10,500円かかってしまいますが、それ以上の付帯サービスが非常に充実しているクレジットカードです。
なのでただ持っているだけでも十分に年会費に相当するサービスを受けることが出来るでしょう。



<お役立ち情報>プライオリティ・パスの会員に無料でなれる楽天カードブログ:20/7/23

もう30年も前のことである。

大学の卒業を目前にした二月、
卒論の提出も終わって時間があったあたしに、
バイトが急にやめてしまって、
次がみつかるまでの間でいいからと言われて
引き受けたアルバイトだった。

その店は、
マスター一人、アルバイト一人の小さな喫茶店だった。

勤め始めて7日間ほど経ったころの寒い夕だった。
客も途切れ、暗くなり始めた町を行く人もまばらで、
「そろそろ閉めようか」とマスターが言ったとき、
店の表に親子連れが立った。

客は、二人の娘の手を引いた女の人で、
背中のねんねこにも赤ん坊が眠っていた。

どこか近在の村から出かけてきた母親と娘であったろう、
ウエストがすいたと娘にせがまれて
通りかかったこの店に入ってきたのかもしれない。

あたしは水の入ったコップとおしぼりをテーブルに運び、
注文を聞くと、
母親は表のショーケースを指差すようにして、
「あの赤いうどんを下さい」と言った。

赤いうどん?
あたしは一瞬とまどったが、
イタリアンスパゲティだとわかり、
「三つですか?」と聞くと、「ひとつでいいです」と言う。

マスターは
あたしが注文を伝えた時にはすでに調理にかかっていたが、
できあがった一皿は、いつもより分量が多めだった。
取り皿にお箸を添えて運んだ。

娘達はクチの周りを赤くして無心に食べている。
母親は下の娘に食べさせてやっていたが、
自分は一筋もクチにしなかったようだった。

親子連れが帰った後、
マスターはひとこと「赤いうどんか…」とつぶやき、
「さあ、もう閉めよう」とあたりを片付け始めた。

それから間もなくあたしはその店を辞めたが、
その母親と娘のことは長く心に残った。